本文へスキップ

大久保としお

「小山を創る第二章」へ!

大久保としおの決意
小山を創る![評定10策]さらなる改革!
子育て支援日本一を目指します!!

ギャラリー

イメージ01
イメージ02

人・行政(市役所)を創る!お知らせ

1策) 市民参加の行政づくり
市民の意見を絶えず行政に反映さえる「市民参加の行政」を進め、市民に役立つ市役所をつくります。
2策) 新しい時代の行政づくり
自らが先頭に立ち「行政改革」を強力に推進するとともに、民間企業並みの努力で「人と企業を呼び込み」市の収入を増やし借金を減らす「財政の健全化」をさらに進め、市民生活の向上を図るほか、小口需要者に対応した下水道料金の設定、大谷地区中心施設の整備、国際化の推進、「小山地区定住自立圏構想」を踏まえて中心市として「50万県南中核都市」をつくります。
●小口需要者に対応した下水道料金の設定●大谷地区中心施設整備
●「小山地区定住自立圏構想」を踏まえて「50万県南中核都市」をつくる。
3策)若者の夢を実現し、男女が協力・子育て支援・ひとづくり
若者の学業・就業・結婚の夢を叶えるとともに、妊婦健診無料化、18歳までの医療費無料化・現物給付、第3子以降の保育料無料化、待機児童ゼロ化、ひとり親家庭保育支援、キッズランドおやまの整備など、若者支援、女性が社会に参加し活躍できる環境づくり、子育て・少子化対策を支援します。女性管理職の割合を30%に引き上げます。
●若者に対する就学のための奨学金・地元・就職・結婚・出産応援・雇用の場の確保●18歳までの医療費無料化・現物支給●第2子(3才未満)保育料助成●第3子以降の保育料・学童無料化●待機児童ゼロ●キッズランドおやま推進●女性管理職の割合30%以上
4策) 心を育てるひとづくり
心豊かで元気ある青少年を育成する教育を推進するとともに、キッズユニバーシティなど白鷗大・能開大、高専との連携、私立高校・小中一貫校の実現、小中校トイレ・備品の充実など教育環境整備、英語教育のまち、ボランティア・潤いのある生涯学習の充実、ふるさとおやまの魅力や愛着、誇りを深めるためにおやまブランド、芸術・歴史・文化の振興、思川ざくらマラソン・ツールドおやま・東京オリ・パラ事前キャンプ誘致、フットボールセンター、体育館整備など「スポーツ立市」を進めます。
●城南地区新設小学校建設●小中学校トイレ洋式化●小中一貫校(絹・豊田中学区義務教育学校)開設●「英語教育のまち子ども宣言」●フットボールセンター・体育館整備

TOPへ戻る


profile

大久保としお後援会事務所